ゆったりお詣りできる!子連れでも安心 下鴨神社へ初詣に行ってきました

わが家の恒例行事となっている下鴨神社での初詣。今年も行ってまいりましたよ!昨年は娘の初宮参りでも下鴨神社でお世話になったので、無事元気に育っていることのお礼も兼ねて初詣です。初詣のあとは出町商店街の散策と甘いものを求めて一乗寺中谷さんへ!

目次

1.下鴨神社へまずはアクセス

2.ゆったりお詣りできる!子連れでも安心 下鴨神社の初詣

3.出店も充実!甘酒とさるやさんのみたらし団子

4.出町商店街を散策

5.甘味を求めて一乗寺中谷さんへ!

1.下鴨神社へまずはアクセス

わが家は例年車で行くのですが、下鴨本通(下鴨神社の西側の通り)を走ると、「下鴨神社前バス停」のある交差点付近に「下鴨神社→」の案内板が出ています。ここを入るとすぐに駐車場です。市バスの下鴨神社前バス停もしくは駐車場からだと、すぐに楼門の前に出るので、糺の森を抜ける長い参道を歩かずに済みます。

電車で行くなら京阪電車 出町柳駅が便利ですね。ただし、駅から境内までは10分程度歩くことになります。

 

2.ゆったりお詣りできる!子連れでも安心 下鴨神社の初詣

楼門の前ではお正月時期恒例の焚き火がされており、参拝者がめいめい冷え切った体を温めています。焚き火周辺は甘酒などの屋台が並びますが、まずはお参り。

ここはぐっと我慢して楼門の中へ入っていきます。お正月1月3日の朝でしたがご覧の人出。これくらいなら赤ちゃんを連れてても、ゆったりと初詣ができました。

昨夏にみたらし祭でお世話になった御手洗川を右手に見ながら、本殿の方へ向かいます。

この年は戌年。立派な戌の絵馬がお出迎え。その下には、タヌキ?タヌキ年なんてあったけ?(ありません)森見登美彦原作の小説「有頂天家族」のアニメに出てくるタヌキも一緒にお出迎えです。小説の設定で下鴨神社をネグラにしているからか、有頂天家族グッズおしのようです。

下鴨神社のお参りで特徴的なのは、本殿の前に干支ごとに分かれた小さなお社があることでしょうか。

干支のお社は生まれ年の守護神ですので、まずは自分の干支のお社にお参りして、今年一年無事で暮らせるようお祈りをします。昨年生まれた娘の干支のお社もあわせてお参りしたら、次は本殿へのお参りです。お賽銭を投げ入れ、二礼二拍一礼の作法で、昨年無事に過ごせたことの感謝と家族の無病息災を祈願してきました。もっと本格的にお参りされたい場合は、本殿右手にある受付所で、随時ご祈祷を受付しています(予約不可で当日の受付順)。ご祈祷料は一万円からです。昨年、娘の初宮参りの時も同じ場所でご祈祷していただき、大変お世話になりました。おかげさまですくすく元気に育っています!

3.出店も充実!甘酒とさるやさんのみたらし団子

お参りが終わったら楽しみの甘酒!ふたば葵のご神紋が描かれた湯呑みで甘酒が振る舞われます。これがまたあったまる!京都の冬は底冷えするので、甘酒と焚き火が大変ありがたい。

湯呑みとは少し形が異なりますが、同じご神紋が描かれた鴨のくぼては境内で700円で販売されています。

↑昨年夏のみたらし祭の時に衝動買いした鴨のくぼて。日本酒がいい感じで進みます。

下鴨神社はみたらし団子発祥の地でもあります。楼門前の焚き火の近くでは、お正月も境内で営業している休憩処さるやさんでみたらし団子をいだけます。お参りを終えてさるやさんのみたらし団子を頂くのも、もはやわが家の毎年恒例行事です。来年もまた初詣に下鴨神社に来よう。それまで家族みんな健康で暮らせますように!

4.出町商店街を散策

今年は帰りに豆餅のふたばさんのある出町柳商店街へ。何とふたばさんはお正月時期はお休み。がーん!その他の商店もだいたい閉まっていました。

↑「今年も元気だ」の文字と、お正月休みでシャッター街と化した商店街のギャップがちょっとおもろい。

↑出町商店街のあやしいてんぐ。鼻がニョキッと突き出している。何のお店かは不明・・・(と思いきや一つ上の写真に答えが載ってました。)

↑出町座。最近できたのかな。カフェ、本屋、映画館が併設された出町柳の新スポット。ちょっとアングラな雰囲気が、京都(というより京大、京都造形芸術大周辺)っぽくてよい感じ。GOODです。お正月も営業されていて、多くのお客さんでにぎわっていました。

↑出町座。バイト募集の張り紙??

5.甘味を求めて一乗寺中谷さんへ!

豆餅を食べる気でいたのに、食べそびれたので、完全に口の中は甘いものほしい感じになってしまいました。ということで、少し距離がありますが一乗寺の中谷さんまで車で行ってきました。花びら餅を頂いてきました。(出町柳からは4kmほどあります)

お正月の三が日も店を開けていただけるというのは帰省組には大変ありがたい!学生の頃、一乗寺付近に住んでいたので、中谷さんにはよくお世話になったのですが、お正月に来るのは初めてです。お店の奥はイートインのスペースになっています。

中谷さんでは花びら餅を頂いてきました。

私は大阪出身なので全然馴染みがなかったのですが、ここ京都ではお正月の定番の茶菓子として花びら餅がよく出るらしい。甘く煮たゴボウが中に入っていて、なかなか斬新!と、思いきや、平安時代から洛中で愛されてきた歴史あるお味だったんですね。たいへん勉強になりました。

↑お持ち帰り用 中谷さんイチオシの絹ごし緑茶てぃらみす。